XMが提供するVPSの使い方とは?

Check Point

 

  • XMのVPSの使い方を知りたい
  • XMのVPSを無料で使うことができる条件とは?
  • XMのVPSを使うことでどんなメリットがある?

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

そもそもXMが提供するVPSが存在することをご存知でしょうか?

今回はその使い方とそのメリットなどについて、深掘りしていきます。

 

XMのVPSを検討している方は参考になると思うので、是非ご覧ください。

 

この記事を読めば
・XMのVPSの良さ、メリットがわかる
・XMのVPSを無料で使える条件がわかる
・XMのVPSの使い方を画像付きでわかりやすく知ることができる

 

 

まず初めにXMのVPSの使い方について解説していきます。

次いでそれを無料で使うことができる条件、メリットをご紹介します。

とある条件を満たさなければ、有料での利用となります。

 

 

XMが提供するVPSの使い方

 

まずはXMの会員ページへログイン。

画像を参考に進めてください。

 

 

ここである条件を満たしていない場合、

表記が「有料」となります。

この条件については後述します。

 

 

口座IDを確認して「確定」

 

 

リクエストの送信が完了したら、

サーバー会社の BeeksFX からの返信メールを待ちます。

 

基本的にはリクエスト送信から24時間以内に返信が来るはずです。

 

万が一1日経ってもメールが来ない場合は

XMサポートまで連絡してみましょう。

 

ちなみに返信メールはこちらです。↓

 

 

IP Address、Username、Initial Password

この3つが記載されています。

 

これらを「リモートデスクトップ」に入力していきます。

 

 

注意点として、ネットからの検索ではなく、

パソコンの検索窓からの検索になります。

 

 

コンピューターの欄に先ほどメールに記載されていた IP Address を入力。

 

 

左の「Administrator」を選択。

続いてメールの Password を入力して、次に進んでください。

 

 

つまりパスワードを更新する必要がありますので

自らパスワードを決定してログインします。

 

 

XMのダウンロードファイルになります。

ここは手順通りにダウンロードを進めてください。

 

そしてXMのMT4を起動すると、サーバーを選択する画面になります。

 

 

一覧ではなかなか見当たらないと思うので、手入力して検索してみてください。

ここまでがXMのVPSにおける基本的な使い方になります。

 

XMが提供するVPSを無料で使う条件

 

結論からその条件を述べておきます。

 

Check Point
ひと月に5000ドル(約55万円)を口座に残した状態で、
5ロット(50万通貨)以上の取引を行う

 

加えて下記が補足です。

 

  • 上記の条件を保有する全ての口座の合計で達成すること
  • 条件に満たなかった場合は、3000円/月の費用が発生する
  • 毎月1日にこの条件に対する判定が更新される

 

全ての口座の合計で条件を満たす理由に関しては、

口座単位ではなく、トレーダー単位で判断されるため。

 

XMのVPSを無料で使う条件としては、

遊び半分で取引しているトレーダーには厳しいものかもしれません。

 

ちなみにXMのVPSを解約したい場合は、

XMのマイページからすぐに止めることができます。

 

ここまででXMが提供するVPSの使い方、

そしてこれを無料で利用できる条件は理解できたかと思います。

 

最後にこのXMのVPSの何が良いのか?

そのメリットを解説します。

 

XMが提供するVPSのメリットとは?

 

そもそもXMのVPSは、VPSサーバーをレンタルすることができるサービスです。

普段はパソコンにMT4をダウンロードして、取引しているはずです。

しかしこれをXMのVPSを用いることにより、4つのメリットが生じます。

 

  1. 通信速度が上がる
  2. パソコンへの負荷が軽減される
  3. 電気代の節約になる
  4. MT4が止まりにくくなる

 

特にEA(自動売買)を行っているトレーダーにはおすすめです。

では順にみていきましょう。

 

通信速度が上がる

 

通常パソコンで取引する際、日本からXMサーバーへ通信しています。

そしてそのXMサーバーはロンドンにあります。

なので若干時間がかかってしまいます。

 

ではXMのVPSのサーバーはどこにあるのか?

これもロンドンです。

 

XMのVPSも同じロンドンですが、

FXサーバー会社としてハイクオリティである

エクイニクス社のサーバーを利用しています。

 

だから通信速度が上がる結果になるのです。

一度利用してみると肌感覚でも、結構差があります。

 

パソコンへの負荷が軽減される

 

XMのVPSを利用した場合、

パソコンをシャットダウンしてもそれは稼働し続けます。

 

なのでEA(自動売買)を行っているトレーダーにはおすすめなのです。

 

パソコンの電源をずっと ON にしておくと

熱を持ち、壊れやすい原因にもなります。

特にMT4はメモリの消費が激しいです。

 

電気代の節約になる

 

理由としては、上記のパソコンへの負荷が軽減される理由と同様です。

 

電気代の差額を換算すると、月々そこまで安くなりませんが、

パソコンのスペックによっては大きな差になるかもしれません。

 

MT4が止まりにくくなる

 

パソコンでMT4を長時間起動しておけば、やはりそれなりに電気量を消費します。

特にEAトレーダーの場合だと、基本的にずっと起動している状態でしょう。

 

この際に例えばブレーカーが落ちたりすれば、

そのタイミングで重要なエントリーポイントや

決済するタイミングを逃す可能性があります。

 

これがXMのVPSを利用していると、まず止まることはありません。

なのでより安全なトレード環境になるということです。

 

XMが提供するVPSの使い方まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

XMのVPSの使い方は、基本的に順序に従ってダウンロードしていくだけです。

 

これを無料で使う条件が少し難題なのかなと感じます

とは言え有料でも 3000円/月 なのでそこまで高価ではありません。

トレード環境を向上させたい方は、使ってみても良いかと思います。

 

XMが提供するVPSのメリットは以下の4点でした。

 

  1. 通信速度が上がる
  2. パソコンへの負荷が軽減される
  3. 電気代の節約になる
  4. MT4が止まりにくくなる

 

 

 

口座開設に関する詳しい手順はこちら。

XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事