XMで両建てはばれる?禁止ではないのか?

Check Point

 

  • XMで両建てを行うことは禁止なのか?
  • そもそも両建てとはなに?
  • XMで両建てを行うとばれるものなのか?
  • 結局XMで両建てを行うことはどうなの?

 

上記にフォーカスして解説していきます。

XMで両建てを行うことについて、気になる方は是非ご覧ください。

 

この記事を読めば
・XMで両建てを行う時の注意点がわかる
・XMで両建てを行うことの優位性を知ることができる
・どんなタイミングで両建てを行うべきか理解できる

 

結論から述べると

 

XMで両建てはばれる?→ばれます。

XMで両建ては禁止ではないのか?→禁止ではありません。

 

そしてXMで両建てを行うことは、

タイミングを間違えなければ有効的な取引手法です。

 

しかし、禁止ではないですが、禁止事項は存在します。

これを犯すと出金拒否などのペナルティが科せられます。

 

順を追って見ていきましょう。

まずはそもそも両建てが何かよくわかっていない方へご説明します。

 

そもそも両建てとは?

 

両建てとは「買い」と「売り」の

双方のポジションを同時に持つことを指します。

 

 

ちなみに両建ての言葉としては

「両」:買いと売り

「建て」:ポジションを持つこと

 

一般的には両建ては、

同じ通貨ペアで買いと売りのポジションを持つことが多いです。

しかし異なる通貨ペアで行う場合もあります。

 

XMで両建てが有効なタイミング

 

XMで両建てを行う上で有効的なタイミングは以下の2点。

 

  1. 損失を確定して新たなエントリーポイントを待つ
  2. 利益を確定して更なるトレンドに備える

 

両建てなので損失を確定するか、利益を確定するかの

2択になりますがその目的の違いです。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

損失を確定して新たなエントリーポイントを待つ

 

周知に事実ですが、XMではレバレッジ最大888倍です。

このレバレッジでは大きな利益が期待できます。

しかし反対に一瞬にして証拠金を失うような損失を出す可能性もあります。

 

そこでXMにおいて両建てを行えば、

損失を確定して新たなエントリー ポイントを待つことができます。

 

例えば、現状自分が持っているポジションで1万円の損失が出てしまったとします。

ここで反対の売買のポジションをエントリーすることで、

損失を確定させることができます。

 

この両建てにより、損失を確定させた上で、

次に自分がトレードしたいタイミングまで待つことができます。

 

さらにXMで両建てを行うに当たって必要な証拠金は0円です。

この後からエントリーしたポジションで損失分を取り戻すことができたら

所持している全てのポジションを確定させます。

 

しかしここで注意点です。

お気づきかもしれませんが、

両建てにおいて後からエントリーしたポジションでも

損失が出てしまえば、損失をさらに上乗せしてしまう可能性もあります。

 

なのでいつでも両建てが有効とは限りません。

 

利益を確定して更なるトレンドに備える

 

XMで両建てを行うに当たって、2つ目の有効なタイミングです。

両建てが有効なタイミングは損失が出たときではありません。

 

例えば損失の時とは反対に、

現状所持しているポジションで利益が1万円を超えたとします。

ここで利益確定しても良いですが、さらに利益が上がる可能性もあります。

 

ここで両建てを行うことで、利益を確保した状態で

その後のトレンドの様子を見ることが可能になります。

 

つまり利益がある状態で、反対の売買のポジションを建てることで

利益を確定させることができます。

 

これらの2点のタイミングでは、

以上のことから両建ては有効的であると言えます。

 

XMのハイレバレッジで取引する場合は

両建てを行うことで特にリスクを避けることができます。

 

XMで両建てはなぜばれる?その禁止事項とは?

 

XMで両建てを行っていることは「ばれる」と前述しました。

 

ではなぜばれるのでしょうか?

これはMT4のプラットフォーム上に

全ての取引履歴が記録されているためです。

 

なので例えば、

XMとそれとは異なるFXで両建てを行ってもばれてしまいます。

ちなみにこれに関しては禁止事項に該当します。

 

ここからはXMで両建てを行う上で、

注意が必要な禁止事項を確認していきます。

禁止事項を犯せば、口座凍結や出金拒否といったペナルティが科せられます。

 

以下が禁止事項に当たります。

 

  • 複数口座での両建ては禁止
  • 大きな経済ニュースの前は両建て禁止
  • 1つの通貨をヘッジする両建ては禁止

 

1つずつ見ていきましょう。

 

複数口座での両建ては禁止

 

重要点を先に述べておくと、

XMで両建てを行う場合、必ず個人の1つの口座で行う必要があります。

 

XMでは1つのアカウントで、最大で8つの口座を所有することができます。

だからと言って、異なる口座で両建てを行えば禁止事項を犯したことになります。

 

また他社や他人の口座を使って両建てを行うことも禁止です。

「ばれることはなさそう」と思ってしまいますが

XMはMT4というプラットフォームでの取引履歴を確認できるため

他社や他人の口座からの両建てでもばれます。

 

実際にばれたトレーダーの話も聞いたことがあります。

 

大きな経済ニュース前は両建て禁止

 

大きな経済ニュース前での取引は、普段推奨していません。

なぜなら大きな値動きが起こりやすく、リスクが大きいからです。

 

しかし、だからこそエントリーするのであれば両建てしたくなります。

ただこのタイミングでの両建ては禁止されているので覚えておいてください。

 

加えて事前に大きな値動きがあると予想されている場合は

この大きな経済ニュースでなくても、両建ては禁止されています。

 

1つの通貨をヘッジする両建ては禁止

 

XMでは異なる通貨ペアで、両建てを行うことは禁止されていません。

しかし異なる通貨ペアであっても、1つの通貨をヘッジする両建ては禁止されています。

 

例えば米ドルをヘッジする目的で

USD/JPY を売り、USD/CNY を買い

このような両建ては禁止ということ。

 

XM両建ての禁止事項は、これら3点です。

 

 

XMで両建てはばれる?禁止?まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

XMで両建てすることについては、基本的に禁止ではありません。

実際に両建てを行うに当たって、有効的なやイミングもあります。

 

  1. 損失を確定して新たなエントリーポイントを待つ
  2. 利益を確定して更なるトレンドに備える

 

しかし両建てにはルールが存在し、禁止事項があります。

これを犯すと、MT4上の取引履歴などからばれます。

そしてXMから重たいペナルティが科せられます。

 

  • 複数口座での両建ては禁止
  • 大きな経済ニュースの前は両建て禁止
  • 1つの通貨をヘッジする両建ては禁止

 

最後に述べておきたいことは

XMでの両建ては安易に行わない方がいいです。

 

なぜなら有効的なタイミングもご紹介しましたが、

そのタイミングの見極めが容易ではなく、

初心者の方であれば特に避けた方がいいと思います。

 

ある程度タイミングがわかっている方であれば、

禁止事項だけに注意して活用していってもいいでしょう。

 

口座開設の詳細はこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事