XMのレバレッジ確認方法と制限がかかるタイミングは?

Check Point

 

  • XMでレバレッジの確認方法と変更方法を知りたい
  • XMでレバレッジが制限、規制がかかるのはどんな時?
  • そもそもXMでレバレッジを変更する必要があるのか?

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

XMで現在設定しているレバレッジの簡単な確認方法のご紹介と変更方法について。

口座開設した時に設定したレバレッジで、そのままずっと取引している人は要注意です。

 

この記事を読めば
・XMでレバレッジを確認する方法と、その変更方法がわかる
・レバレッジの変更は必要事項である理由が理解できる
・XMでレバレッジが制限がかかる基準を知ることができる

 

XMのレバレッジ確認方法と制限がかかるタイミングは?

 

XMで現在設定されているレバレッジの確認方法と変更方法

そしてレバレッジが強制的に制限がかかるタイミングの順で解説していきます。

 

XMのレバレッジ確認方法と変更方法

 

まずはXMの会員ページのホーム画面へ。

マイアカウントの概要でレバレッジを確認したい口座のプルダウン「V」をクリック。

 

 

この画面で現在設定されているレバレッジを確認することができます。

そして横のペンマークをクリックするとレバレッジ変更画面に移ります。

 

 

XMでレバレッジを変更する方法は他にもあります。

XMのXMの会員ページにログイン後、

メニューから「口座」→「レバレッジ変更」をクリックする方法です。

 

 

以上でXMのレバレッジ確認方法と変更方法がわかりました。

最後にレバレッジが強制的に制限されるタイミングについて。

 

XMのレバレッジ制限がかかるタイミングは?

 

Check Point
・残高が2万ドル(約200万円)を超えるとレバレッジ200倍に制限される
・残高が10万ドル(約1000万円)を超えるとレバレッジ100倍に制限される

 

XMでは通常時の最大レバレッジは800倍ですが、

上記の条件を満たすと、強制的に制限がかかります。

 

加えて政治関連のイベントの際にも、レバレッジ制限がかかる場合があります。

 

これらはトレーダーの口座資金を守るための必要な措置です。

これは強制的なものですが、自らレバレッジを変更することも有効な手段です。

 

XMでは最大レバレッジの高さに目が行きがちですが、

レバレッジ800倍でのトレードはリスクも上がり、

日々取引し続けるものではありません。

 

基本的にはレバレッジを自ら抑えて、「いかに大きく勝つか」ではなく

「いかに負けないようにするか」を意識して取引していくことが重要です。

 

ハイレバレッジでのトレードについては、

「ここぞ!」というタイミングで取引しましょう。

XMハイレバチャレンジの手法とは?【過去のチャートを参考に】

 

XMのレバレッジ確認方法と制限がかかるタイミングまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

XMではレバレッジの高さがメリットとして謳われており、

これは間違いではないですが、日々トレードするにはリスクが大きすぎます。

 

ゼロカットシステムによって追証こそ発生しませんが、

負ければ当然証拠金はなくなるので注意が必要です。

 

だからこそレバレッジをトレードに合わせて確認し、

変更することはリスク管理に直結し、有効な手段と言えます。

 

SNSなどで見かける長期的に稼いでいるトレーダーは

もちろんずっとハイレバレッジで取引していません。

 

コツコツと積み上げていることを覚えておきましょう。

 

 

口座開設に関する詳しい手順はこちら。

XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事