XMのMT4がMacで文字化けした場合どうすれば?

Check Point

 

  • XMのMT4がMacで文字化けしている
  • XMのMT4がMacで文字化けした時の対処法は?
  • XMのMT4がMacで文字化けした時の対処法の手順を知りたい

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

XMのMT4がMacで文字化けした場合、

そのままでも使うことはできます。

しかしやはり見にくく、何かと不便ですよね。

 

この記事を読めば
・XMのMT4がMacで文字化けした時の対処法がわかる
・XMのMT4がMacで文字化けした時に困惑しなくなる
・XMのMT4がMacで文字化けした時の対処法を理解することで、
 新たなツールも知ることができる

 

結論としては「EasyWine」というものを利用することで、

文字化けを解決できます。

 

EasyWineとはMac上でWindows用のソフトを開くためのソフトです。

 

 

では早速EasyWineのダウロード手順と

セッティング方法を解説していきます。

 

XMのMT4がMacで文字化けした時は「EasyWine」

 

まず初めにEasyWineのダウンロードからです。

 

EasyWineダウンロード

リンクよりEasyWineを購入します。

料金は¥100〜です。

 

そのダウンロードしたファイルを開いて、

好きな場所にEasyWineをドラッグ&ドロップします。

 

EasyWineを開き、確認画面で「開く」をクリック。

 

 

「Mono」と「Gecko」のインストール画面が表示された場合は

インストールしてください。

これをインストールしなければ、日本語化が上手く作動しないことがあります。

 出てこなければそのまま進んでOKです。

 

 

これでEasyWineを開くことができました。

第一ステップはこれにて完了です。

 

XMのMT4(Mac対応)をダウンロード

 

続いてはXMのMac対応のMT4(MT5)のダウンロードです。

 

ダウンロードページ↓

XMのMac対応のMT4

XMのMac対応のMT5

 

 

 

赤い「ダウンロード」ボタンをクリック。

「XMTrading.dmg」というファイルがダウンロードされます。

 

このファイルを開くと以下のような画面が表示されます。

 

 

「アプリケーション」フォルダに移動させます。

 

XMのMT4(Mac対応)を起動する

 

アプリケーション内の「XMTrading MT4」をそのまま開くと

問題である文字化けしたMT4が開かれてしまいます。

 

しかしここでEasyWineが役に立ちます。

ダウンロードした「XMTrading MT4」の中身を見ていくと…

 

 

上の画像のように「パッケージ内容を表示」をクリック。

そして以下の順で開いていきます。

 

→「Contents」→「Resources」→「wineprefix」→「drive_c」

→「Program Files」→「XMTrading MT4」

 

そして「XMTrading MT4」の中に入っている「terminal.exe」

これこそがMT4の正体になります。

 

これを先ほど用意したEasyWineの上にドラッグ&ドロップします。

 

 

これにてMacでMT4の文字化けが無くなります。

最後はMT4にログインするだけです。

 

 

まずはサーバーを選択して「次へ」

サーバー名は口座開設時に送られてきたメールに記載されています。

 

 

MT4のIDとパスワードを入力して「完了」

 

その後のXMのMT4(Mac対応)の開き方

 

先ほどの「terminal.exe」を好きな場所にドラッグ&ドロップして

今後はそれをダブルクリックするだけで

文字化けが解消されたMT4を開くことができます。

 

 

面倒なのは最初だけですね。

 

XMのMT4がMacで文字化けした場合まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

解決されましたでしょうか?

 

このEasyWineというソフトは、

何もMT4の文字化け専用のものではありません。

 

MacでWindows用のソフトを開きたい時は

これと同様に利用することができます。

 

口座開設に関する詳しい手順はこちら。

XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事