XMの口座開設方法を住所の書き方も含めて徹底解説!【わりと簡単】

Check Point

  • XMの口座開設を試みたけどよくわからなかった
  • XMの口座開設に必要な書類を知りたい
  • 住所の書き方がわからない

 

XMの口座開設では英語表記で記入する必要があるため、住所の書き方がわからないと悩みます。

必要書類もイマイチわかりにくいです。

本記事ではXMの口座開設方法を、必要書類や住所の書き方も含め、わかりやすく解説しています。

 

この記事を読めば
・XMの口座開設方法を理解できる
・口座開設に必要な書類がわかる
・ややこしい住所の書き方を理解できる

そもそも海外FX「XM」の魅力とは?

 

XMの口座開設のやり方を見る前に、口座開設におけるメリットや事前に知っておくべき情報を共有していきます。

すでにメリットなどをご存知の方は、後半部の口座開設の手順からご覧ください。

 

口座開設ボーナス

 

XMでは口座開設後、お得にトレードが行えるように大きな特典が用意されています。

口座開設ボーナスと呼ばれるものです。

結論としては、口座開設するだけで、最低でも3,000円はもらえます。

 

詳しくは以下の画像をご覧ください。

 

 

上記が口座開設すると付与されるボーナスになります。

 

口座開設ボーナスには2種類あります。

  • 口座開設するだけで付与されるボーナス3,000円
  • 入金ボーナス

 

2つ目の入金ボーナスについて少し解説していきます。

結論から述べると、最大50万円のボーナスが受け取れます。

 

入金額5万円までは100%のボーナスが付与されます。

資金に余裕がある方は多めに入金することをおすすめします。

最低でも100%ボーナスが付与される5万円は入金する方が良いでしょう。

 

2倍の証拠金でスタートできます。

では実際に入金ボーナスを獲得した事例をみていきましょう。

 

XM口座開設入金ボーナス獲得例

 

以下の画像は2万円入金後の追加入金画面です。

 

 

100%ボーナスを獲得できる残りの金額が、318ドルになっています。

つまり2万円の入金額に対して、100%ボーナスに適用されていることがわかります。

500ドル-318ドル=192ドル(約21,000円)のボーナスを受け取り、2倍の約4万円の証拠金になっています。

 

口座開設ボーナスの3,000円も付与されて、実際には43,000円相当の証拠金です。

※一番下の10%ボーナスは現在終了しています。

 

オススメの口座タイプ

 

オススメの口座タイプは、あなたがどのようにXMを利用するかによって変わってきます。

そもそもXMでは、3つの口座タイプが存在します。

  • 小さく始めたい→マイクロ口座
  • 定番!迷ったらこれ→スタンダード口座
  • スキャルピング専用→ゼロ口座

 

基本的にまずはスタンダード口座でいいと思います。

 

口座開設に必要な書類

 

XMの口座開設において必要な書類は、大きく分けて2種類です。

  • 身分証明書
  • 住所確認書

 

 

XMでは口座開設しても、上記の必要書類をアップロードしなければ、その口座は無効のままで使えません。

つまり実際にトレードするためには、開設した口座で必要書類を提出し、口座を有効化する必要があります

 

確認メールが届かないときの対処法

 

XMで口座開設をしたと思っても確認メールが届かないという声もあります。

そんなときの対処法は以下の通りです。

・入力したメールアドレスに誤りがある
・過去に凍結されたアドレスを使用した
・迷惑メールとして分類されてしまっている
・メインではない別のフォルダに振り分けられている
・メールの受信容量が限界にある

 

本来であればXMの口座を開設し、登録した後、確認メールが届きます。

確認メールが届かないことには原因があります。

まずは上記の項目をチェックし、それでも原因がわからない場合は、直接XMのサポートセンターに問い合わせてみましょう。

XMの口座開設方法を住所の書き方も含めて徹底解説

 

XMについて理解したところで、いよいよ口座開設の手順です。

結論としては以下の手順で進んでいきます。

1.リアル口座開設フォームの準備
2.リアル口座登録情報の入力
3.リアル口座登録情報の入力+α
4.口座開設完了メールの確認(24時間以内)

 

リアル口座開設フォームの準備

 

まずはじめにリアル口座開設フォームの準備です。

以下のリンクより口座開設フォームを開けます。

 

リアル口座登録情報の入力

 

口座開設ページを開くと以下の画面に移るので、口座登録情報を入力していきましょう。

 

 

これらの情報は誤りがないように、慎重に記入して行ってください。

 

Check Point

  • 名前はローマ字入力
  • 各項目ごとのチェックマークを確認
  • メールアドレスはすぐに確認の取れるもの
  • 取引プラットフォームはMT4 or MT5
    →特にこだわりがなければMT4
  • 口座タイプは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」から選択
    ※はじめは「スタンダード口座」を推奨

 

リアル口座登録情報の入力+α

 

続けて口座登録情報をさらに入力です。

下記の画像を参考に記入していけばOK。

 

 

ややこしく感じる住所の書き方ですが、便利なサイトがあるので共有しておきます。

日本語入力するだけで、英語の住所に変換してくれるサイトです。

以下のリンクよりどうそ。

住所の書き方(日本語→英語)[外部リンク]

 

Check Point

  • 名前は全角カナで入力(後に登録する銀行口座名と同一の名前)
  • 住所の書き方、記入する住所に注意
    住民票記載の住所 or 公共料金など支払い明細に記載されている住所
  • 「納税義務のある米国市民ですか?」→日本人なら「いいえ」
  • 取引口座詳細においては画像通りに設定しておくのがおすすめ
  • 投資家情報は参考までに
  • パスワードはXMに大きな資金が入る可能性があるので
    強力なパスワードを設定し、忘れないようにメモしておきましょう

 

ここまで入力できれば、口座開設完了の確認メールを待ちましょう。

 

口座開設完了メールの確認

 

全ての入力事項を記入すると、XMより口座開設確認メールが届きます。

確認メールのリンクより、メール確認を完了させます。

 

 

上記のリンクの有効期限は24時間以内なので、できるだけ早くメール確認を済ませましょう。

メール確認完了後、続けて以下のメールが届きます。

 

 

上のボタンから会員ページに移り、メールに記載されていたMT4のIDと自ら決めたパスワードを入力してログインします。

 

結局のところ、注意点だけ気をつければ、順に入力していくだけということです。

 

本記事ではPCのXM口座開設の解説のみでしたが、スマホ版でもほとんど変わりありません。

上記の流れを参考に開設してもらえれば大丈夫です。

 

XMで口座開設できなかったときの対処法

 

万が一XM口座開設できなかったときの対処法は、XMサポートセンターまで問い合わせること。

口座開設できない理由は、基本的に入力事項の誤りが原因であることが多いです。

 

 

XMサポートの営業時間は平日のみ。

メール対応:平日24時間

ライブチャット:平日9:00〜21:00

 

XM口座開設まとめと重要補足

 

XMを口座開設することで得られるメリットとして、まずは口座開設ボーナスです。

  • 口座開設するだけで付与されるボーナス3,000円
  • 入金ボーナス

 

口座のタイプは取引の仕方によって決めるべきです。

  • 小さく始めたい→マイクロ口座
  • 定番!迷ったらこれ→スタンダード口座
  • スキャルピング専用→ゼロ口座

 

口座開設時に必要な書類は2種類。

  • 身分証明書
  • 住所確認書

 

XMの口座開設する方法は以下の手順です。

1.リアル口座開設フォームの準備
2.リアル口座登録情報の入力
3.リアル口座登録情報の入力+α
4.口座開設完了メールの確認(24時間以内)

 

ややこしく感じる住所の書き方は以下のサイトを使えばOKです。

住所の書き方(日本語→英語)[外部リンク]

 

注意点は以下の通りです。

  • 名前は全角カナで入力(後に登録する銀行口座名と同一の名前)
  • 住所の書き方、記入する住所に注意
    住民票記載の住所 or 公共料金など支払い明細に記載されている住所
  • 「納税義務のある米国市民ですか?」→日本人なら「いいえ」
  • 取引口座詳細においては画像通りに設定しておくのがおすすめ
  • 投資家情報は参考までに
  • パスワードはXMに大きな資金が入る可能性があるので
    強力なパスワードを設定し、忘れないようにメモしておきましょう

 

XMで口座を複数開設するメリット

 

重要な補足に関して結論から述べると、XMに限らずですが、FXにおいて複数口座開設することは大きなメリットがあります。

必須事項と言っても過言ではりません。

 

理由はリスク管理に直結するからです。

具体的には相場の状況に応じて、取引口座を変更し、トレード戦略を変えるなどでリスクを軽減できること。

つまり1つの口座だけで運用していくよりも、複数口座で運用することで、臨機応変に対応することができます。

 

実際ほとんどのトレーダーが行っています。

ちなみにXMでは1つのメールアドレスで、最大8つまでの口座を保有することが可能です。

 

しかし初心者でいきなり「複数口座の運用は難しい」と思いますよね。

確かに右も左もわからない状況で無理に開設する必要はありません。

慣れてきたらで大丈夫です。

ただ現時点で、「複数口座を持つことは有益だ」と覚えておくべきでしょう。

 

慣れるための練習としては、レバレッジを低く設定して取引する、もしくはXMデモ口座を活用してトレードしていくことを推奨します。

XMデモ口座開設方法の手順を徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事