XMで億トレーダーに!複利とハイレバを活用する【確かな道として存在】

XMの特徴の1つとして、最大888倍のハイレバレッジが挙げられます。

888倍のレバレッジを活用すれば、少ない資金でも大きなリターンを受けれます。

 

しかし実際には「危険なのでは?本当に億なんて稼げるの?」

疑問や不安を感じる人が多いはず。

 

そこで本記事ではXMで本当に億を稼げるのか、資金はどれくらい必要なのかと並行して、具体的な道筋を解説していきます。

当然誰でも実現可能というわけではありません。

それ相応の知識や経験、運も必要になってきますが、実践できる内容であることは確かです。

 

論理的にわかりやすく、簡潔に解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

XMにおいて単利の考えで億トレーダーを目指した場合

億トレーダーと聞くと、額が額なので少し胡散臭いように見えるかもしれません。

しかしXMではこのような「億」を稼ぐトレーダーが実際に存在しています。

ではどうすれば稼げるのか?

 

億トレーダーになるためのトレードとは、結論から述べると複利を活用したトレードになります。

しかし複利を解説する前に、もっと端的な単利の考えをみていきましょう。

単利の考えでトレード

もし仮にあなたが数百万円という資金を用意できれば、億トレーダーに近く可能性は大いに上がります。

しかし大半の人がこの資金を用意できないと思います。

例え用意できてもFXであるXMに投資することなど、あまりに非現実的です。

 

これではこの記事を書いている意味がありません。

では大半の人が用意できる資金を考える必要があります。

資金1万円

これであれば多くの人が、用意できる範囲でしょう。

 

資金1万円と仮定し、目標の1億円までどうすれば到達することができるのか。

まず1つ目の道標として、2,000円/日の利益を毎日出し続ける。

 

1万円の資金(証拠金)にXMの最大レバレッジ888倍を効かせると、888万円の資金に相当します。

1ドル110円の「ドル/円」ペアを参考に、買えるだけ買うと約80,000通貨になります。

 

例えば、110,000円から買って、110,025円で売れたら0,25円動いたことになります。

つまり、差額の0,25円×8万通貨=2,000円の利益になります。

これは一度のトレードではなく複数回行った結果でもOKです。

 

このように平均2,000円/日のトレードをしていくと仮定します。

しかし、本当に毎日勝ち続けるのはどう考えても不可能です。

そして土日は取引できません。

 

なので上記のように勝てる日数は、15日と仮定します。

1ヶ月当たり+30,000万円のトレーダー
→1日あたり+2,000円を15日間行った計算

単利で億トレーダーになるまでの時間

ではこのトレードを続けたとして、億トレーダーになるまでの時間はどれくらいかかるのでしょうか?

結論から述べると約280年です…。

 

 

どうあがいても生きている内に億トレーダーになれません。

なぜ上記のトレードではダメだったのか?

→単利のトレードを行っていたため。

 

「単利」の反対語は「複利」です。

この複利こそが億トレーダーを現実的に目指すために欠かせない考え方になります。

複利とハイレバを活用してXM億トレーダーに!

XMで億トレーダーを目指すのであれば、複利の考え方は必須事項です。

上記のトレードを例に複利について解説していきます。

 

先程のトレードでは「+2,000円/日」という仮定でした。

これを「2,000円」ではなく「資金の2%」に変換すると、どうなるでしょうか?

 

1万円の資金から、その日に求められる利益は資金の2%である200円です。

 

「それだけでいいの?」と思うかもしれませんが、これを1年間(取引日数240日と仮定する)続けたらいくら増えると思いますか?

今ある資金の2%ということは、初日は200円ですが資金が増えれば増えるほど、その見返りが大きくなっていきます。

結果が上の画像です。

 

たった1年で資金1万円が約111万円になりました。

これが「複利」という考え方です。

金額ではなくパーセンテージを考慮して稼いでいく。

複利はFXに限らず、投資の世界では重要な考え方です。
あの有名なアインシュタインも「人類最大の発明」と称したものがこの複利です。

複利の考え方で「日利2%」を継続する

複利の考え方で日利2%を継続していくと、どうなるでしょうか。

ちなみに日利2%とは、1日の利益を資金の2%ということ。

つまり今ある資金を100%だとすれば、毎回それを102%にするということです。

 

これまでの計算では、1年で111万円まで達しました。

ではいつになったら、目標の1億円に到達することができるのでしょうか。

日利2%で単純に計算していくと、2年で1億円に到達しました。

1日資金の2%の利益なら、なんだか簡単のように見えます。

 

しかし現実はそう甘くありません。

上記のように、上手く運ぶトレーダーは皆無です。

 

では実際不可能なのか?

理論上だけの話なのか?

 

これは半分正解で半分不正解です。

ここから少し厳しい面をお話します。

世界一の投資家でも1億円まで53年かかる

厳しいお話としては、世界一の投資家でも1億円まで53年かかるということです。

投資の世界で、超有名な「ウォーレン・バフェット」という方をご存知でしょうか?

FXではありませんが、株式投資家で「年利+20%」を維持し続けている信じがたい実績を持つすごい方です。

 

仮にFX業界に置き換えれば間違いなく、億トレーダーに値するでしょう。

しかしこの実績を逆に捉えると、このようなすごい方でも1年間の利益は20%です。

 

では何が重要になってくるのか?

FXに限らず投資の世界では「1発でどれだけ大きく稼ぐか」よりも
「いかに負けないようにするか」が最重要事項に当たります。
FX、特に海外FXであるXMではレバレッジが大きく、1発を狙いがちですが、ちょっとでも負けないようにトレードしていくということが重要です。

複利を活用しても億トレーダーになるために100万円の資金が必要

結論、億トレーダーになるためには最低でも100万円の資金が必要ということになります。

「100万円もの資金が必要不可欠で自分たちには現実味がない」と思うかもしれませんが、悲観する必要はなしです。

XMで100万円という資金を用意する方法も後述しています。

なぜ100万円?

そもそもなぜ100万円なのか?

結論100万円の資金であれば、億トレーダーが一気に現実味を帯びてくるからです。

 

仮に先ほどご紹介した有名な投資家、ウォーレン・バフェットさんが、もしこの年利20%という複利で1万円という資金から1億円を稼ぐには、どれくらいかかるのか。

答えは53年でした。

 

年利20%という信じがたい複利を達成していても、53年の歳月がかかってしまいます。

では仮に資金が1万円ではなく、100万円であればどうでしょうか?

答えは26年です。

 

約半分の期間で億トレーダーになれます。

これらのことからわかるように、やはり資金1万円というのは、億トレーダーになるには寂しすぎる額ということです。

つまりそれだけ用意するお金、資金というのは重要になってきます。

 

「資金100万円なんて用意できない」

ほとんどの方がこう言うと思います。

しかしXMには億トレーダーになるための資金、100万円なら十分現実的に、実現できるパワーがあります。

ハイレバを活用したXM1万円チャレンジ

先に注意点を述べておくと、これはギャンブル的な要素があります。

さっきの話と矛盾していますよね。

「いかに負けないようにするか」が重要だと述べました。

 

確かにこれは間違いありません。

しかしこれは資金があってこその話です。

少ない資金から大きな見返りを求める場合、やはり勝負しなければなりません。

 

勝負と言っても競馬やパチンコほど、ギャンブルではありません。

そして億トレーダーになるためには「最低でも100万円の資金を用意し、複利で増やしていく」ということが必要不可欠です。

そのためにXMのハイレバレッジを活用する。

 

資金1万円を100万円にすることは運もありますが、上手いことトレンドに乗ることができれば可能です。

「そんなに増えないだろう」と思うかもしれませんが、ここでXMの最大レバレッジ888倍というハイレバレッジが効いてきます。

 

1万円の資金であれば8万通貨(ドル円)を購入することができます。

なので仮にこのまま1万円で8万通貨を購入したとします。

以下の画像をご覧ください。

105,90円で8万通貨を買って、111,40円で売れた場合、差額は5,5円です。

→差額5,5円×8万通貨=44万円の利益

上記のように相場が大きく動くことは、少なからずあります。

 

そして動いた後はどうなるのかというと、必ず元に戻るようにチャートは形成されます。

なのでこの絶妙なタイミングでエントリーできれば、大きく稼ぐことが可能なのです。

XMで1万円チャレンジに失敗したら?

結論から述べると大きく稼げる見返りがあるにも関わらず、失敗しても失うのは証拠金である1万円だけです。

損失がこれだけしか出ないのは、XMのメリットとして有名ですが、「ゼロカットシステム」という仕組みによるもの。

この仕組みにより、追証(借金)を負う必要はありません。

 

つまりXMで1万円チャレンジに失敗しても、失うのは1万円のみということです。

 

今回ご紹介したチャレンジは「1万円を1発で大きく稼ぐトレード」でしたが、1万円を小分けにして、徐々に増やしていくやり方も良いです。

兎にも角にも億トレーダーになるためには、XMのハイレバを活用して、まずは100万円を目指しましょう。

そして1回の挑戦で諦めずに、何度もチャレンジしてみてください。

 

損失額が証拠金(1万円)のみだと、比較的安心してチャレンジできます。

ただその際には自分の中でルールを決めておくといいでしょう。

ex)月に1回1万円だけチャレンジするなど

 

ちなみに「○回目の1万円チャレンジ」というように、複数回チャレンジしたものをネットやYouTubeで公開しているトレーダーも多いので、興味あれば参考にご覧ください。

XMハイレバで100万円→億トレーダーを目指す!

XMのハイレバを活用して、まずは100万円という資金を目指しましょう。

その後は複利の考え方を理解しつつ、「いかに負けないようにするか」という堅実なトレードをしていくことです。

最終的に億トレーダーになれるかもしれません。

 

先を考えすぎると途方もない道かもしれませんが、億トレーダーというのは、やはり一筋縄ではいきません。

しかしその道は不可能ではなく、確固たる道として存在しています。

最後にXMで複利とハイレバを活用して、億トレーダーになるロードマップをおさらいしておきます。

 

Check Point

  1. XMのハイレバを活用した1万円チャレンジで100万円の資金を作る
  2. 増やした資金を「いかに負けないようにするか」を意識しつつ、着実に運用していく
  3. 複利の考え方でプラス収支を継続し、最終目標である億トレーダーに

 

もしまだ口座開設されていない方でしたら、はじめはお得にXMチャレンジが可能です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事