XMで1万円チャレンジする際のロット数は?

Check Point

 

  • XM1万円チャレンジをする際、ロット管理をどう行えばいいのか知りたい
  • XM1万円チャレンジは危険なのでは?
  • XM1万円チャレンジの具体的なやり方、目標数値を知りたい

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

XMで1万円チャレンジをこれから始めようと思っている方、

過去にチャレンジしたけど失敗した方にとっては

参考になると思うので、是非ご覧ください。

 

この記事を読めば
・XMで1万円チャレンジする際のロット管理の仕方を理解できる
・XMで1万円チャレンジする際に注意するべき点がわかる
・XMの1万円チャレンジをノーリスクでする方法を知ることができる

 

XMで1万円チャレンジする際のロット数は?

 

今やSNSなどで「#1万円チャレンジ」で検索をかけると

実際に多くのトレーダーがチャレンジしていることがわかります。

 

このXMで1万円チャレンジする際のロット数に関して

結論から述べると、資金に応じてロット数を変えていく。

 

具体性が無いような回答に見えますが。

実際に資金管理やロット管理するにはこれが一番です。

 

そもそもが1万円という少ない資金で

大きく利益を得ようとするXMチャレンジ、

なのでこのチャレンジの中で、臨機応変に変更していくことがベストです。

 

参考に以下の画像をご覧ください。

必要証拠金と保有できるロット数の一覧です。

※1ロット=10万通貨

 

 

 

ここまで理解した上で、

XM1万円チャレンジでの取引を深掘りしていき、

その正体がわかるように解説していきます。

 

そして記事の後半にはXM1万円チャレンジのやり方として

具体的にどのように行えばいいのか、目標数値はどれくらいなのかを

詳細に記していますので、是非ご参考ください。

 

XM1万円チャレンジは「危険」と言われる本当の意味

 

結論としては、すぐに強制ロスカットされてしまう可能性が高いためです。

詳しく見ていきましょう。

 

XMチャレンジは「危険だから避けるべきだ」と言われることも少なくありません。

実際に失敗したら損失も大きいのでは?と思うトレーダーもいるでしょう。

 

確かに容易なものではなく、普段行うトレードには向きません。

一言で言えば「ボーナストレード」のような感覚で、

ここぞ!というタイミングで、行うチャレンジだと捉えてください。

 

そもそもXM1万円チャレンジは、少ない資金から大きな利益を得るために

ハイレバレッジで取引することが多いです。

 

そしてハイレバレッジでのトレードでは

入金額の何百倍もの資金を用いてトレードすることです。

 

※ここからの解説図は入金額10万円を例に上げていますが、

XM1万円チャレンジでは、全ての金額を単純に「÷10」してください。

 

 

 

例えば上図のようにレバレッジ最大の888倍で入金額10万円、

つまり8880万円分のドル(888,000ドル)を購入したとします。

※1ドル=100円と仮定

 

XMの証拠金維持率は20%なので、

レバレッジ888倍だと8872万円になると

証拠金10万円から8万円の含み損益が発生します。

 

この時点で証拠金は2万円(20%)なので、強制ロスカットになります。

 

仕組みは理解できたが、実際どれくらいの確率でこうなるの?
含み損益8万円÷888,000ドル=約0,09円/ドル
つまり1ドルあたり、0,09円下がると強制ロスカット。
そしてこの9pipsは容易に変動します。

 

だからこそXMチャレンジ、ハイレバレッジでの取引は危険と言われます。

ハイレバレッジでの取引では

少しのマイナス変動にも耐えることができないということを覚えておきましょう。

 

XM1万円チャレンジの「危険」を減らす

 

ここまでお読みになった方は、

結局XMチャレンジは危険で避けるべきものであると思ったことでしょう。

しかしこの危険は減らすことができます。

 

ここでお伝えしたいことはXMチャレンジ、

つまりハイレバレッジでの取引をするに当たって

最大レバレッジの888倍が問題であるということ。

 

レバレッジは本来ロット数と同様に、自ら調整するものです。

これを実効レバレッジと呼びます。

 

例えばレバレッジ888倍の口座であっても、10万円の入金で

1000万円分のドルをトレードしていた場合、

実効レバレッジは100倍となります。

 

 

888倍での取引と比較すると

約0,97円/ドル(97pips)に下がるまでは強制ロスカットに耐えることができます。

 

では次にレバレッジ100倍の口座の場合だとどうなるのか?

 

 

計算は省略しますが、この場合100倍というハイレバレッジでも

80pips下がるまでは強制ロスカットされずに済みます。

 

とは言えレバレッジ100倍の口座だとその分、

必要な証拠金は多く必要となってきます。

ハイレバレッジであればあるほど、必要証拠金は少なくて済みます。

 

より安全にレバレッジを100倍の口座にするか、

レバレッジ888倍の口座の中でも実効レバレッジを100倍にするか、

この点はトレーダーの考え方によります。

 

しかし兎にも角にもハイレバレッジでの取引でも

自らレバレッジを調整することによって

リスク、危険を下げることができるということです。

 

そして仮にハイレバレッジでの取引で大敗してしまっても

XMでは「ゼロカットシステム」により、追証(借金)が発生することはありません。

どれだけ負けても損失は証拠金のみです。

XMでなぜゼロカットされない?その条件とは?

 

XM1万円チャレンジのやり方

 

XM1万円チャレンジのことを理解できたら、

実際にどうやって行うべきか?

この点を解説していきます。

 

  1. 目標金額、まずは10万円
  2. 10万円稼ぐのにおすすめのレバレッジと必要なpips数は?
  3. XM1万円チャレンジをノーリスクで実行する方法
  4. 自分ルールを設定する

 

 

この順番で見ていきます。

 

目標金額、まずは10万円

 

XM1万円チャレンジでまずは達成したい金額が10万円です。

 

なぜなら1万円で大きく稼ぐにしても資金がやはり心許ないからです。

そして目標金額が10万円というのは、比較的リアルに狙える金額です。

 

10万円稼ぐのにおすすめのレバレッジと必要なpips数は?

 

推奨する適切なレバレッジは100〜200倍。

200倍だとドル/円で1,8万通貨ほど保有できます。

そしてこの場合、必要なpips数は約600です。

 

1日少しずつ20pipsを獲れれば、1ヶ月半で達成できます。

1ヶ月半で10万円でも大きいですが、さらに早く稼ぐ法則、考え方あります。

それは「複利」です。

 

複利に関する詳細は以下の記事をご覧ください。

XMで億トレーダーに!複利とハイレバを活用する

 

この複利を活用するとレバレッジ200倍で、

初日のポジション量1,8万通貨で最短8日で達成することが可能です。

 

 

同じ20pipsでも資金の上昇に応じてロット数を上げていくということです。

 

XM1万円チャレンジをノーリスクで実行する方法

 

XM1万円チャレンジをノーリスクで実行する方法が存在します。

それはXMポイント(XMP)を利用した方法です。

 

自らはXM1万円のチャレンジのために入金せずに

XMポイント(XMP)を資金としてチャレンジすることで

このXMチャレンジがノーリスクとなります。

 

しかしこれにはまず、当然XMポイント(XMP)を1万円分貯める必要があります。

なかなか貯まらないものでは?と思う方もいるでしょう。

 

この点については過去にXMポイント(XMP)の仕組みである

「ロイヤリティプログラム」を解説し、

それを効率良く貯める方法を記載した記事がありますので、そちらをご覧ください。

XMのロイヤリティプログラムとは?XMPの仕組みを理解する

 

自分ルールを設定する

 

最後になりましたが、この点が何より重要だと考えます。

XMチャレンジというハイレバレッジでの取引では、

人間どうしても欲が出てしまい、思わぬトレードをしてしまったりします。

 

なので自分の中でルールを予め決めておくことが良いでしょう。

以下は管理人がXMチャレンジを行うために推奨する自分ルール

 

 

Check Point
・XMポイント(XMP)が貯まったらXM1万円チャレンジを行う
・月にx回だけ、x万円分だけXM1万円チャレンジを行う
・ハイレバレッジでの取引だからと言って、極端に短時間で一気に稼ごうとしない
FXなどの投資の世界では小手先の取引手法などよりも
このような考え方などの方が大事だったりします。

XMで1万円チャレンジまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

簡潔に重要点をまとめると、

XM1万円チャレンジでのロット数は、資金に応じて変えていくこと。

これが複利を活用した運用にも繋がります。

 

そしてレバレッジにおいても自ら変更する。

推奨する適切なレバレッジは100〜200倍。

 

XMポイント(XMP)を活用して、

XM1万円チャレンジをノーリスクにすることができる。

 

XMチャレンジを行うに当たって、

自分の中でルールを予め決めておく。

 

 

口座開設に関する詳しい手順はこちら。

XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事