「お金持ちはケチ!」だと思っている人は要注意!【お金の考え方】

Check Point

 

  • 「お金持ちに限ってケチだ!」と思っている人はお金持ちになれない
  • 普段コンビニや自動販売機で当たり前に消費している人
  • 華金だからといって毎週飲みにいっている人は要注意

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

 

この記事を読めば
・お金に対する考え方が変わり、「お金持ち思考」になる
・今までどれだけ無駄な消費をしていたかわかる
・率先して使うべきお金の使い所を理解でき、お金の使い方が大きく変わる

 

「お金持ちはケチ!」だと思っている人は要注意!

 

結論から述べると、「お金持ちはケチ!」だと思っているのは、

お金持ちではない人から見る捉え方なので注意が必要です。

 

 

これは管理人の過去のツイートです。

 

今回はお金の考え方について解説するにあたって、

こちらを深掘りしていきます。

 

「お金持ちはケチ!」の本当の意味

 

本当に成功している、お金持ちこそ小さな収支を重要視しているのです。

 

小さな収入でも喜び、感謝する。

小さな支出でも、不要なものに対してはもったいなく感じる。

 

この不要なものには一切と言っていいほど、

お金を使わない部分が「お金持ちはケチ!」と思われる原因でしょう。

 

しかしこれらは「ケチ」ではありません。

それだけお金を大事にしているということです。

 

不要なもの以外、つまり心から必要な支出と思ったものには

貧乏人よりも遥かに清々しく、お金を使っています。

 

例えば自分への投資、お金への投資、そして大事な家族や恋人と過ごす時間

このようなための支出は、惜しむことなく盛大に使っています。

 

ここで失礼ですが、今これをお読みいただいているあなたは、

仮としてお金持ちではないとしましょう。

そして逆算して考えてください。

 

お金持ちになるまでのプロセスを考えた場合、

取捨選択せず、不要なものまでにお金を使い込んでいたら、

お金が貯まると思いますか?

 

仮に何かで稼げたとしても、すぐに無くなるのは目に見えています。

 

Check Point
お金持ちこそ小さな収支を重要視している

 

「お金持ちはケチ!」と思わなくなる思考法

 

結論としては、【無駄なものを、素直に無駄だと思うようになる思考】です。

 

Check Point
支出ごとにその都度「本当に必要な支出か?」自問自答する

 

まずは自分が毎月使っている不要な支出を、割り出してみてください。

月々に「絶対にこれは外せない支出」以外をピックアップするのです。

 

そしてその支出したときのことを振り返り、

「本当に必要な支出であったか?」と自問自答してみてください。

 

大方「これくらいは浮かせたはずだ」というのが見えてきます。

続いてはこれを現在進行形で実践していくのです。

 

例えば、人間関係にしてもそうです。

誘いがあるたびに「この関係は継続していくべきか?」

「本当に行ってメリットはあるのか?」

「行きたくもないのに、毎回了承していないか?」

 

これを継続していくうちに、その判断が当たり前になり、

無駄なものを素直に無駄だと思えるようになります。

 

ちなみに人間関係で言うと、管理人はSNSを止めました。

 

見ている時間がもったいなく感じたことに加えて、

今現在そんなに繋がりのない人間まで表示されていて、

自分にとって不要だと感じたからです。

 

SNS閲覧の時間に関しては長い目で、尚且つトータルで考えてみてください。

 

SNSで普段なんとなく見ている時間を30分/日だとしましょう。

では1ヶ月だと約15時間、年単位で考えると180時間もの時間を

ボーッとSNS見ているだけなのです。

 

180時間と言うと1週間以上ですよね。

これだけの時間があれば、何か他にしたいことやできることがあると思います。

 

SNSをボーッと見るだけで1週間以上無駄にしている

 

価値観は人によって様々なので、一概に言えませんが、

管理人は「かなり時間の無駄だな。」と思いました。

 

コンビニや自動販売機は要注意!

 

結論コンビニ、自動販売機はコスパ悪いです。

スーパーやネットであれば、より安く買えるものが高値で売られています。

 

なので普段、コンビニや自動販売機で買い物している人は

すでに浪費している部分が多いです。

 

皆さんこの点は承知の上だとしても、

使ってしまっているのではないでしょうか?

 

しかしわかっていても、避けては通れないタイミングがあります。

「街中のどこでも気軽に買うことができる」

これがコンビニや自動販売機の強みです。

 

なのでここで言いたいのは、

家で消費するもの、事前に消費するタイミングがわかっているもの

これに関してはコンビニなどを利用している時点で、損をしているということ。

 

おすすめはネット上でのまとめ買いです。

帰宅時間になると、お弁当と缶ビールを買う消費者を頻繁に見かけます。

 

これを毎回繰り返すということがわかっているのであれば、

お酒だけでもまとめ買いした方がいいです。

 

コンビニや自動販売機はコスパ×
できるだけネットなどでまとめ買いする

 

本当の「ケチ」になるな!使うべき支出と注意点

 

結論、必要な投資に対しては惜しむことなく使うべきだということ。

 

ここまでの思考法が身につけば、

「お金持ちはケチ!」ということは思わなくなります。

なぜならプロセスから考えると、答えは逆だからです。

 

誰よりもお金を大事にし、送り出すところを見極めて使っていたからこそ、

お金持ちというステータスまで到達したのです。

 

しかし冒頭でも述べましたが、本当にケチになってはいけません。

ここで言うケチとは、何に対してもお金を使おうとしないことです。

 

矛盾しているように感じるかもしれませんので、

惜しむことなく、使うべきお金もあります。

その用途もご紹介します。

 

それは【衣食住+自己投資+自分にとって絶対的に必要なもの】です。

これらに対する消費は、ケチではありません。

むしろ自身の幸福度のために、必要な使い道です。

 

Check Point
衣食住+自己投資+自分にとって絶対的に必要なもの

 

衣食住は生きていく上で必要経費

 

衣食住、当たり前と思いますよね。

これがなくては人間生きていけません。

 

しかし、ここで注意点があります。

 

必要経費であることは間違いないですが、不要な使い過ぎには注意です。

お金持ちでも当然この3点は消費している部分ですが、節制している人も多いです。

 

まずは「衣」、つまり服に関して言えば、

「服は大好きで、絶対に拘りたい!」という人にとっては、

使うべきところかもしれません。

 

しかしそうでもない人であれば、

特に興味もないブランド品などを買う必要は全くないと思います。

 

周りがある程度良いもの着ているから、

自分もなんとなく良いもの買わなければ…などと思っているのであれば、

極論、今日から全て安価なユニクロにしましょう。

 

着心地いいですし、普段の生活では十分なクオリティです。

 

続いて「食」について、こちらも必要経費といっても

「贅沢なものを食べろ」という意味ではありません。

 

節約ばかりに目がいってはいけませんが、節制する中でも、

自分の健康のために、「素材の良いもの」を選びましょう。

 

「体は資本」とよく言いますが、まさにこれです。

 

「食」に関しても、

「自分はラーメンが大好きだから、週に一回は食べたい!」という人は

それがモチベーションであったり、ストレス解消にも繋がるので抑えなくていいです。

 

つまり「自分にとって絶対に必要なもの」に該当するものは、

「衣食住」の中で節制するとしても、無理に削らなくていいです。

 

最後に「住」に関して。

お金を貯めていく上で、最も経費としてかかってしまう部分です。

 

個人の状況にもよりけりですが、独身の場合、

お金を貯めるにあたって、最強なのは「実家」です。

少額を親に支払うだけで寝床を確保でき、ご飯もついてきます。

 

しかし仕事場と実家が近いということは、なかなか少ないと思います。

そこでおすすめしたいのが、「シェアハウス」です。

※共同生活が問題ない人に限る

 

シェアハウスでは以下のようなメリットがあります。

 

  • 設備が事前に整っている
  • 周りから刺激を受ける
  • 新たな価値観に気付ける
  • 比較的家賃が安い

 

コストを抑えることができ、

さらには一緒に暮らしている人から、良い刺激を受けたりします。

 

「衣食住」は必要経費、しかし必要以上に使うな!

 

自己投資は惜しまず、多少無理してでも使うべき

 

自己投資に対するお金は、惜しまず使いましょう。

 

自己投資に使ったお金は、将来自分のスキルや稼ぎとして

必ずプラスになって返ってきます。

それも1の力が2や3、もしくはそれ以上の力になって戻ってきます。

 

自己投資と言えば、様々なものがありますが、

誰もが勉強やインプットで使うツールとしては、本が挙げられます。

 

管理人は本に対する支出は、全く後悔していません。

「本当に自分にとって必要であったか?」という自問自答に対しても、

即答でその答えは「Yes」と答えることができます。

理由は上記に述べた通りです。

 

自己投資と捉えることができる具体例は以下の通りです。

 

  • 投資(FXなどの資産運用)
  • インプットするためのツール(本や有料ニュースなど)
  • 海外一人旅(経験)
  • 有益な人との交際費
  • 集中できる環境で作業するためのカフェ代
  • ストレス解消に繋がる適度なお金

 

上記が惜しむことなく使うべき支出です。

 

【まとめ】「お金持ちはケチ!」だと思っている人は要注意!

 

いかがでしたでしょうか?

 

「お金持ちはケチ!」と思っている人は要注意です。

「お金持ちはケチ」ではなく、お金をそれだけ大事にしているということです。

逆に大事にしているからこそ、お金持ちになれたのです。

 

Check Point
お金持ちこそ小さな収支を重要視している

 

そして大事にしているからこそ、お金の使うべきところを厳選しているのです。

これが本質だと思います。

 

Check Point
支出ごとにその都度「本当に必要な支出か?」自問自答する

 

しかし使うと判断したところは、惜しむことなく使います。

惜しむことなく使う支出は以下でした。

 

Check Point
衣食住+自己投資+自分にとって絶対的に必要なもの

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事