海外FXと国内FX結局どっちがいいの?【初心者向け】

Check Point

 

  • FXを検討しているけど、初心者にとっては国内FXと海外FXどっちがいいの?
  • 初心者の自分にあった投資、FXをやりたい
  • 資金がない人はどっちをを選ぶべき?
  • 海外FX、国内FX双方を利用した見解を聞きたい

 

上記にフォーカスして解説していきます。

 

国内FXと海外FX比較されることが多いですが、

特徴はなんとなくわかるものの、結局どっちがいいのか?

初心者は特に悩むところだと思います。

 

 

この記事を読めば
・国内FXと海外FX結局どっちがいいのか?判断できる
・国内FXと海外FX、あなたの状況に合わせて判断するための材料を知ることができる
・国内FXと海外FX、それぞれ向いてる人の特徴がわかる

 

海外FXと国内FX結局どっちがいいの?

 

海外FXと国内FX結局どっちがいいのか?

特に初心者にとっては、選ぶ基準がなかなかわかりません。

 

結論としてはこちらです。

 

 

海外FX推奨
・年収が比較的少ない人(平均年収450万円以下、学生、専業主婦など)
・FXに投資できる資金(余裕資金)が少ない人
・専業トレーダー、もしくはそれを目指す人

 

 

国内FX推奨
・年収がある程度高い人(平均年収以上)
・FXに投資できる資金(余裕資金)が多い人
・まとまった軍資金がある人(1,000万円以上目安)

 

 

つまりは資金によるところが大きいということです。

 

理由としては、海外FXと国内FXの違いにあります。

レバレッジや税金、そして取引方式(DD方式、NDD方式)などですね。

 

 

取引方式の違いだけを簡潔に述べておくと、

 

  • 海外FX:トレードの手数料をメイン収入としている
  • 国内FX:トレーダーの負け分をメイン収入としている

 

つまり海外FX業者は、トレードの回数を多くしてほしい。

これに対して国内FX業者は、トレードで負けてほしいということになります。

     

    そして海外FXと国内FXの比較ではありませんが、

    海外FXを代表する(日本で最も人気の)

    XMのメリット、デメリットをまとめた記事を参考までに貼っておきます。

    FXXM評判を悪評価も踏まえて徹底調査

     

    話を戻して、本記事では違いの詳細ではなく

    「結局海外FXと国内FXどっちがいいのか?」という点を深掘りしていきます。

     

    海外FX推奨の人

     

    FXに投資できる資金が少ない人、年収が比較的少ない人は海外FX推奨です。

    理由は主に海外FXで特徴的な「ゼロカットシステム」と

    「入金ボーナス」によるところが大きいです。

     

    ゼロカットシステムとは?

    XMでなぜゼロカットされない?その条件とは?

     

    海外FXでは当たり前のように搭載されているゼロカットシステム。

    このおかげで追証(借金)が発生することがありません。

     

    そして入金ボーナスとは、

    入金額に応じて付与されるボーナス(ポイントのようなもの)です。

    このボーナスは現金と同様にトレードで使うことができます。

    ※しかしボーナス自体は出金できません。

     

    つまり海外FXはゼロカットシステム、入金ボーナス、

    これら2点のメリットにより、少額からでも比較的安全に始めることが可能です。

     

    国内FX推奨の人

     

    収入が多く、余裕資金の多い人は「税金」の理由で、

    国内FXを使った方がいいと思います。

     

     

     

     

    この表の金額は【給与所得+海外FX+他の所得】です。

     

    年収:稼いだ金額
    所得:年収から各種の控除を引いた金額

     

    支払う税金は所得が計算される元になります。

    FXの所得は累進課税に分類されます。

     

    そして細かい計算を省きますが、

    つまりのところ所得が大きければ大きいほど

    国内FXの方が税金面で恩恵を受けやすいです。

     

    FXでは運用資金に対していくら稼いだか?というのがポイントになります。

    その目安として1000万円ほどの運用資金がある人は要チェックです。

     

    海外FXから国内FXへ移行するタイミング

     

    目安として1000万円という軍資金を貯まったら、税金のことを考慮して、

    海外FXから国内FXへ移行するタイミングだと言えます。

     

    そもそも基本的に1000万円もの大金を

    FXでいきなり運用資金に回せる人は少ないかと思います。

     

    管理人もはじめは右も左も分からず国内FXから始めましたが、

    この海外FXの優位性を知ってすぐに海外FXから切り替えました。

     

     

    資金が少なくても海外FXを始めることができるということはわかったけど、
    そもそもそんなに増やすことができるのか?
    「簡単にできます!」などとは言いません。
    もちろんそれなりの勉強や努力が必ず必要です。
    しかし可能です。

     

     

    逆に国内FXだとほぼ確実に不可能です。

    それはレバレッジの違いです。

     

    国内FXでは25倍が最大レバレッジ。

    これに対して海外FX(管理人が使っているXM)では888倍です。

     

    取引の大きさの違いが数字だけでわかるかと思います。

    そしてXMではXMポイント(XMP)というものを用いれば、

    ノーリスクで取引することもできます。

    XMのロイヤリティプログラムとは?XMPの仕組みを理解する

     

    なので大きな利益を得るポテンシャルと現実性は備えています。

    XMは海外FXであるにも関わらず、日本語サポートが充実していたり、

    約定力が高く、日本で最も利用されている海外FX業者です。

    FXXM評判を悪評価も踏まえて徹底調査

     

    海外FXと国内FX結局どっちがいいの?まとめ

     

    いかがでしたでしょうか?

     

    至極完結にまとめると、

     

     

    Check Point
    資金力のある人→国内FX
    資金力の低い人→海外FX

     

     

    最終的に決めるのはあなたです。

    気になる方は本記事以外にも調べたり、

    よく考えた上でFXで資産運用してください。

     

    ちなみに海外FXを検討して、始めるか考えているのであれば

    初心者が失敗しないための記事も参考にしてください。

    XMで初心者が危ない橋を渡らないために知っておくべきこと

     

    口座開設に関する詳しい手順はこちら。

    XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事