FXXM評判を悪評価も踏まえて徹底調査

悪評価も踏まえて、結論から述べます。

FXXMは実際に初心者からプロにまで使われています。

 

そして中でも海外FXの中ではXMが日本人から最も利用されており、

FXXMの評判としては、大変信用のおける業者という調査結果です。

 

ではその調査結果に至るまでのポイントを紹介していきます。

気になるXMの悪評価については、下部に記載していきます。

 

Check Point

 

  • FXXMは有名だけど実際なにがいいのか知りたい
  • FXXM評判について高評価だけど、悪評価もあるはず
  • FXXM評判としては、具体的にどんなところが評価されている?
  • FXXM評判に悪評価あるならどんなポイント?

 

これらの疑問や要望に応えています。

是非ご覧ください。

 

FXXM評判を悪評価も踏まえて徹底調査

 

まずはFXXM評判の中でも、なにが高評価に繋がっているのか?

そのポイントを10の項目にまとめました。

そして悪評価に関しては、2つの項目となります。

 

順に見ていきましょう。

 

FXXM評判が高評価である理由10選

FXXM評判が高評価である理由10選
・業界最大手の会社による情報量と信用性
・資金0からでも始めることができるボーナス制度
・取引するたびに貯まるXMポイント(XMP)
・追証なしのゼロカットシステム
・最大レバレッジ888倍まで取引可能
・約定力が高い
・多種多様な取引通貨ペア
・最小取引単位、最低入金額
・プラットフォームMT4・MT5
・充実した日本語サポート
これらがFXXM評判が高評価に繋がるものです。
深掘りしていくとさらに細かくありますが、
XMを知るには十分です。
ではこの内容を1つずつ解説していきます。

業界最大手の会社による情報量と信用性

 

FXXMは事実として、全世界でFXサービスを展開しています。

約196ヵ国。

 

そして日本で最も人気の海外FXがXMです。

 

XMの企業は資本金、日本円にして約400億。

かなり多い大企業であることがわかります。

この財力から来る信用性があります。

 

ちなみに国内FXでは全く比になりません。

資本金400億円といえば、イオングループや

コンビニで有名なセブンアンドアイがこれに匹敵します。

 

そして取引環境に長けた「NDD方式」

この取引環境においてもXMが高評価である理由として

大きく働いています。

 

ちなみに、「NDD方式」とは?

→取引に仲介するFX会社を通さない方式。

これにより、不正操作と言った心配がなくなります。

 

加えて様々な、かつ数々の高い実績が証明されています。

(下記の画像を参照)

 

 

資金0からでも始めることができるボーナス制度

 

Check Point

 

  1. 口座開設ボーナス:¥3,000-
  2. 100%入金ボーナス:上限5万円
  3. 20%入金ボーナス:上限45万円

 

このXMのボーナスは業界の中でもトップクラスで、

最大50万円の入金ボーナスと

¥3,000-の口座開設ボーナスが付与されます。

 

このボーナス対象口座は2種類です。

・スタンダード口座

・マイクロ口座

 

実際にボーナスが付与される具体例を見ていきましょう。

 

Check Point
[口座開設して初回入金5万円+追加入金10万円した場合]

口座開設ボーナス¥3,000-
初回入金5万円に対する入金ボーナス100%=5万円
追加入金10万円に対する入金ボーナス20%=2万円

トータル¥73,000-分のボーナス

 

15万円の入金に対して、最終¥73,000-のボーナスが付与され、

¥223,000-の証拠金にまでなるのです。

 

かなりお得なボーナスですね。

 

ただしこれには注意点が2点ほどあります。

 

  1. キャッシュバックが受け取れるサイトやツールを用いた場合、
    重複は認められずXMからのボーナスは付与されなくなる
  2. ボーナス自体は出金できない

 

①に関しては結論から述べると

XMのボーナスを活用することを推奨します。

多くの場合、キャッシュバックされるサイトやツールは、

取引し続けない限り付与されないことが多いからです。

 

②に関しては、ボーナス自体は出勤できませんが、

ボーナスで得た利益は出勤することが可能です。

 

取引するたびに貯まるXMポイント(XMP)

 

XMでは取引する度に貯まるポイント

XMPというものが存在します。

 

そしてこのポイント制度は

「ロイヤリティプログラム」と呼ばれます。

 

トレードする度に貯まるので知らず知らずの内に

貯まっていくこのXMP、かなり使えます。

 

このXMPを利用することで

ノーリスクで取引することが可能になります。

 

追証なしのゼロカットシステム

 

今やXMに限らず海外FXでは導入されている

「ゼロカットシステム」ですが

FXXM評判を語る上で、このシステムは避けて通れません。

 

一言で述べると、

これにより安心してトレードすることが可能になるのです。

 

「ゼロカットシステム」のおかげで、

国内FXには存在する追証(借金)が発生しなくなるからです。

 

・ロスカット率:20%

・マージンコール:50%

 

ロスカット率は20%と低めに設定されています。

ロスカット率が低いということはメリットであると捉えることができます。

→レバレッジが多少高くてもロスカットしやすくなるため。

 

しかし逆に捉えれば、ロスカットされてしまえば、

資金の80%は失うことになるので損切りのタイミングは注意が必要です。

 

マージンコールとは?

→証拠金の割合に応じて知らせてくれる率

 

最大レバレッジ888倍まで取引可能

 

FXXMでの最大レバレッジは888倍です。

 

海外FXの平均最大レバレッジは400倍なので2倍です。

加えて国内FXは最大25倍。

 

これにより他と比較すると大きな取引が可能で、

資金効率においても高いことがお分かりいただけると思います。

 

もちろん自分でレバレッジを変更し、下げることも可能です。

 

ただし自分でレバレッジを下げるだけではなく

資金に応じてレバレッジの上限が決まっており、

規制がかかることもあります。

 

 

レバレッジの規制はトレーダーのために

リスク回避の観点から設けられているシステムです。

 

少ない資金の時こそレバレッジ888倍を用いて

大きな利益を生みたいところですね。

 

約定力が高い

 

XMの約定力の概要

 

XMの約定スピードは「平均・最速」共に

FX業界トップクラスです。

 

 

これによるメリットを簡潔に述べると

「取引がスムーズに行うことができ、動作などによるストレスを感じない」

と捉えてもらえれば大丈夫です。

 

多種多様な取引通貨ペア

 

Check Point
FX通貨ペア:57種類
貴金属:4種類
CFD銘柄:42種類

メジャーな銘柄はもちろん、マイナーなものまで

幅広く取引することが可能です。

 

最小取引単位、最低入金額

 

  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 最低入金額:5ドル

 

上記のように、少ない資金からでも取引可能にも関わらず、

FXXMではレバレッジが最大888倍なので

小資金でも大きな取引ができることも高評価のポイントです。

 

プラットフォームMT4・MT5

 

Check Point
MT4・MT5は全ての口座でダウンロード可能
Windows,Mac,スマホ(iPhone,Android,iPad)対応
海外FXにおけるプラットフォームはMT4統一なので
仮に他の業者に移行しても、海外FXであれば
今まで使っていた通りに実践することができます。

充実した日本語サポート

 

海外FXとなれば、やはり不安になる一面は

サポート面ではないでしょうか?

 

万が一トラブルなど起きた場合、

英語でのやり取り、時差の生じた営業時間など

不便に感じてしまうと思います。

 

しかしXMでは日本人スタッフが

平日24時間体制でカスタマーサポートを行っています。

 

 

このXMのサポート体制は日本に限らず

大変大きな支持を得ています。

 

サポートの一面に関しても数々の賞を受賞しており、

賞の入選には当然第三者の意見も取り入れられているため

顧客満足度の高いものと捉えることができます。

 

 

ここまでがFXXM評判において、

高評価として見られるポイントでした。

 

では悪評価の2つのポイントとは何か?

見ていきましょう。

 

FXXM評判が悪評価である理由2選

 

Check Point

 

  1. 金融規制が緩い
  2. スプレッドが他社より高め

 

こちらの2点です。

しかし先に述べておくと、悪評価として見られることがありますが

「実際この2点がそんなに悪いの?」と聞かれると

そうでもなく、強いてあげれば…という印象です。

 

兎にも角にも詳しく見ていきます。

 

金融規制が緩い?

 

XMは当然金融ライセンスを取得しています。

なので金融ライセンスが規定されている

分別管理の履行義務に従って運営しています。

 

しかしその金融ライセンスが

信託保全のない「セーシェル」というもの。

 

信託保全がないということは、

例えば仮にXMが倒産した場合、もしくは日本から撤退した場合

トレーダーの資金が全額返って来る保証がないということ。

 

これはXM自体がどうのこうのではなく、

セーシェルの管理下であるがためです。

 

しかし同じグループの「XM.com」などは信託保全があります。

どういうことか、順に詳しく説明します。

 

まずセーシェル金融庁ライセンスは取得しやすいのです。

 

セーシェルは金融規制が緩く、

営業に関しても免許を必要としない国。

 

 

 

では信用性に欠けるのでは?

そう思う方もいらっしゃると思います。

 

しかしこれに対する答えは「No」です。

理由は「XM Trading」は「XMグループ」の1つのFX会社です。

 

そしてこの大元の「XMグループ」は、

そもそもライセンスを複数所持しており、

その安全性が保証されているからです。

 

なので同じ傘下の「XM.com」は別のライセンスの管理下にあるため

信託保全も完備されているということです。

以下、ライセンス取得状況。

 

 

ではなぜ「XM Trading」の日本人顧客も

信託保全のあるライセンスではないのか?

と思いますよね。

 

これにはある理由、背景があります。

 

実は以前は日本人顧客も同様に、

より信頼性の高いライセンスの管理下にありました。

 

しかし日本の金融庁が圧力をかけ、

そのライセンスの管理下で取引ができなくなった

という経緯があったようです。

 

そこでXMは日本時顧客も取引できるように

セーシェルのライセンスを取得した。

 

そもそもなぜ日本の金融庁は圧力をかけたのか?

→海外FXXM特有のハイレバでの取引による

日本人トレーダーの破産を防ぐためだと言われています。

 

しかし、ここで疑問が浮かびます。

国内FXは最大25倍の低レバレッジですが追証(借金)があります。

それと比較してXMではゼロカットシステムにより、それが発生しません。

 

むしろ追証の方が怖いのでは?

これは一推測理論ですが、おそらく以下のように言われています。

 

Check Point
・日本の資金を外(海外)に出したくなかった
・国内FXが儲かるようにしたかった
あくまで断定はできませんが、
上記のように捉えることができます。

スプレッドが他社より高め

 

スプレッドというのは「取引手数料」のこと。

 

 

XM公式サイトに記載されているものです。

 

確かにこの数値だけ他社と比較すると

高めに感じられます。

 

しかしスプレッド以外にも目を向けた場合

これがそんなに悪評価に繋がるものかどうかはいささか謎です。

 

  • 約定力の高さ
  • ボーナスの好条件
  • XMP(ロイヤリティプログラム)
  • Zero口座の手数料は必要経費として確定申告にて申告可能

 

つまりXMがハイクオリティがあるが故に

このスプレッドだと思えば、実際そこまで高く感じません。

 

これら2点がFXXM評判において悪評価に繋がるポイントでした。

 

FXXM評判の調査結果まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上がFXXM評判の調査結果になります。

冒頭で述べた通りに総体的に見て、XMはかなり優秀です。

 

メリットについては1つ1つ深掘りしたいところですが

あまりに長くなりすぎるので、

その詳細については別記事を参照ください。

 

口座開設に関する詳しい手順はこちら。

XM口座開設を住所の書き方も含めて徹底解説

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事